ダイナマイト漁で暮らす漁村

日本と同じように海に囲まれた島国フィリピン。
豊かな漁業資源が乱獲によって減少していると言われています。

特に問題なのは今でも「ダイナマイト漁」が行われていること。
ダイナマイト漁とは海中でダイナマイトを爆発させ、死んだり気絶して水面に浮き上がってきた魚を取る漁法で、魚だけでなく周辺のサンゴ礁もろとも破壊させてしまいます。

2008年にNHKのドキュメンタリーでフィリピンのダイナマイト漁が取り上げられたので、ご存知の方も多いかもしれません。

ダイナマイト漁は、日本では漁業法で禁止されています。
フィリピンでも法律で禁止されており、最高刑は終身刑という重罪にあたります。
しかし一向に減らないそうです。



ルソン島南部にビコールと呼ばれる地域があります。
マニラから飛行機で1時間、ビコールにあるレガスピという街から車で3時間ほどいったある村に日本から青年海外協力隊の方が派遣されています。

その村は貧しい漁村で、村民の多くは漁で生活を支えていますが、台風が頻繁に通過する地域でもあり、天候に左右される漁だけでは生活が苦しいようです。
彼らの月収は3000ペソ(約6000円)ほどだそうです。

またその漁というのも未だに違法なダイナマイト漁が行われており、海の環境が破壊され、年々漁獲高も減少しているそうです。



海の環境整備と漁民の収入向上のために、この漁村に派遣された青年海外協力隊の方が水井へ一本のメールを下さいました。
この地域にはココナッツがたくさんあるので、何かこのココナッツで安定した産業が創れないか。ココウェルの活動が活かせることはありませんか。そんな内容でした。

自分に何ができるかわかりませんが、とにかく一度現地を見に行こうと思います。
何もできないかもしれない。
でももし何かココウェルで協力できることが少しでもあれば、ぜひお手伝いしたい。

今月末からの出張でこの漁村を訪ねることになりました。
またご報告したいと思います。


Message From the Philippines

今回の東日本大震災について、フィリピン現地スタッフの13歳の姪からメッセージが届きました。
 

Tragedies always open our eyes. They have a way of waking us up. It's like mother nature's way of getting us out of the dark cave we tend to be hiding in, needing to see the sunlight, to get us out of the darkness that shields us. Thing is, the shadows that are cast on the walls of the caves are there. They're frightening and they're real. So our are fears and so are the disasters. But you aren't alone, no one is alone.


What happened in Japan hit me—hard, leaving me startled. When I watched the footage of what happened, I could feel every single muscle in my body go rigid, my heart clench, and my eyes water. Though it came right out of the blue, good things and bad things are meant to happen. It's a matter of knowing how to get through the bad things and take advantage of it. For example, one good thing is that it's bringing people from different parts of the world together for one good cause. To help you back on your feet.


I know one thing Japan, you are strong. You will get back on your feet, no matter how many times you are rocked back and forth. My country had it's fair share of tragedies, we lost some, we may even have won some, but we're getting back on our feet. The world had it's share of tragedies as well. But we always get back up, stronger and better than ever. That will be you Japan, in time you'll be better and newer than ever. It's hard true fact.


現地輸出会社「COCOWELL TRADING」の設立(2)

今回のフィリピン出張でまずは現地事務所を決めてきました。

場所はパシッグ(PASIG)市。
メトロマニラに属し、ビジネスの中心地マカティ(MAKATI)市の東側に位置します。

そのパシッグ市のサンタルシア(STA.RUCIA)というところにあるビルの1室を借りることにしました。
昨年に建設中だったところを下見していましたが、12月に完成し、設備も整っていましたし、知人も入居していることから即決でした

現地事務所


そして会社名の登録をした後、バランガイ(Barangay)というフィリピンの最小行政単位の役所に営業許可をもらいに行き、その次は市役所へ行きます。

この市役所の手続きがひどく大変な作業です。
大きく分けて12ほどの手続きがあり、その多くは行列に並ばないといけません。
役人のサインをもらったりTAXを納めたり、消防関係、環境アセスなどなど書類提出などで2階から4階を行ったり来たり。
本当に疲れました

もっと効率化できるだろうし、無駄な処理が明らかに多い
少しフィリピンが嫌いになりかけました。。。

でもまあ現地スタッフの助けもあり、無事に丸1日かけて手続きを終えることができました。


現地輸出会社「COCOWELL TRADING」の設立(1)

昨晩、10日間の出張から戻りました水井です。

今回の仕事は、前半はお客様をバージンココナッツオイルの工場などにご案内すること、そして後半は今年発売予定の新商品の進捗確認と、もう一つは現地でココウェルの輸出会社を立ち上げることでした。

ココウェルの商品は、フィリピン国内の様々な場所で生産されています。
もちろん商品によって加工される場所も違います。

これまで外部委託でそれらをコントロールし日本に輸出していましたが、商品品目が増え、輸入量が増えてくると何かと不便も出てきていました。

そのため以前から検討していた現地での輸出会社設立を本格的に進めることにしました。
今回の出張で事業登録を終え、あとは現地事務所の検査を受けて、事務所のあるPASIG市の許可が下りるのを待つだけとなりました。


続く


フィリピン出張報告(4)

ネグロス滞在3日目、この日はネグロス島の南へ車を走らせることBACOLOD市から約2時間半。CAUAYAN市の副市長さんとの面会でした。

この地域はネグロスのオーガニック認証「NICERT」を取得した農地でココナッツも数多く栽培されています。 

現在はココナッツの花蜜を採ってトゥバというヤシ酒を生産している農家が149世帯ありますが、トゥバだけでなくココナッツシュガーも生産しませんか、という提案をしてきました。
         

                   NICERT
                   ネグロスのオーガニック認証「NICERT」



ヤシ酒はココナッツの花蜜を発酵させて出来上がります。
それに対してココナッツシュガーは搾取後4時間以内に花蜜を煮詰める必要があります。
時間が経って少しでも発酵してしまうと酸味が強くなってしまうからです。

労力的には少し負担が増えますが、世界的に低GIで注目されているココナッツシュガーは今のところ生産が追いついておらず、その地域だけで消費されているヤシ酒に比べて高値で販売でき、市場も各段に広がります。



地方にいくとココナッツ農家でもココナッツシュガーについて知らない人が多く、作り方から指導する必要もあります。これはココナッツシュガーだけではなく、バージンココナッツオイルも同じことです。

生産者の意思と地理的条件、そしてココナッツ製品の市場動向を考えながら、現地のFoundationと共にネグロスでのココナッツ商品の生産活動を今後広げていければと準備を進めています。


フィリピン出張報告(3)

夜のマスカラ・フェスティバル。
レストランの外、テラス席に座った我々の前のストリートは人で溢れかえっています。

有名(らしい)バンドやミュージシャンが次々と登場するたびに大歓声。
さらに人が集まり、みんな動きを失いました。

そしてイライラした人々がテラスにどどっと押し寄せ、一時危険な状態に!
机は倒され、飲み物もぐちゃぐちゃ。
よくイベントでドミノ倒しで死者まで出るようなことがありますが、頭にそういった状況がよぎるような人の多さと何か殺伐とした空気でした。

その後は軍の人がテラスを囲むように警備してくれたため鎮静化しましたが、危険なので途中で退散しました。。。


フィリピン出張報告(2)

ネグロスでの2日目。
朝から少しバコロド市内を観光しました。

至る所にサトウキビ畑があります。
フィリピンのサトウキビ生産量の50%以上がこのネグロス島に集中しています。
マスコバド糖は有名ですね。



昼食後、ネグロスで有機肥料を生産し自ら有機農作物を生産する組合の代表と打ち合わせ。
ネグロスは「ORGANIC CAPITAL OF THE PHILIPPINES」と言われ、数年前から島を上げて有機農業を振興しています。

また、このネグロス島では3年前にはGMO(遺伝子組み換え植物)の持ち込みを禁止しています。

ネグロス4



打ち合わせの後、この町では有名なオーガニックレストランへ。
ここでオーナーを交えていろいろお話をお伺いしました。

そしてこのレストランはマスカラフェスティバルが行われるストリートに面し、メインステージの真ん前!この日の夜はフィリピンでは有名なミュージシャンが来るとのことで、特等席を予約して下さいました。



続く


フィリピン出張報告(1)

今回のフィリピンでの出張は非常に充実した1週間でした。
実際のところ、もう少し時間の余裕がほしかったところです。


2日間、マニラで各商品に関するミーティングやココナッツ庁への訪問を済ませ、ネグロス島へ渡りました。

夜、ネグロスに着くと激しい雨。
この日からマスカラフェスティバルが始まるということもあり、空港は大勢の人でごった返していました。
そのまま車に乗せていただき、バコロド市のマスカラ会場の通りに面するレストランへ。
シライ市の市長家族ら大勢で食事をいただきました。

ネグロス1

食事が終わる頃には雨が上がり、そのままマスカラパレード見学。
ものすごい人ごみです!

ネグロス2

すぐに退散し、疲れたのでこの日はホテルへ。
マスカラでフィリピン各地から、また外国から多くの観光客がやってくるため、どこのホテルも満室です。
唯一空いていた「NATURE'S VILLAGE RESORT」のファミリー用コテージを予約してくれていたので、そこで1人宿泊。

ネグロス3

ベッドは4つもあるのにもったいない、、、



続く


1週間フィリピンへ

今日から19日までのちょうど1週間、フィリピン出張へ行きます。
ご連絡は日本の携帯は通じませんので、PCメールへお願い致します。

今回はネグロス島へ3日間、新たなココナッツシュガーとビネガーの産地も訪ねます。
たまたま有名な「マスカラフェスティバル」の時期だったので、連れて行ってもらう予定です!
http://www.premium-philippines.com/fiesta/index.html#10_01

ちょっと過密スケジュールになってしまいましたが、頑張って行ってきます!
またご報告しますね。


フィリピン・コレクション2010

今月17日〜31日の2週間、東京・表参道で「フィリピン・コレクション2010」という、フィリピンの食・文化・観光といった様々な魅力が感じられるイベントが開催されます!

東京都の「東京・アジア月間」 認定記念事業として、日比社会交流団体ビッキスソーシャルネットの主催、フィリピン政府観光省後援で行われ、フィリピンの料理やフィリピンの映画・音楽、ヒロット体験など、内容は盛りだくさん!


http://philippine-collection.jp/

フィリピンコレクション2010

フィリピンコレクション2010


ぜひ、多くの方にフィリピンの魅力について知っていただければと思います!

23日の19:00〜、少しココナッツやココナッツオイルの魅力について、
わたくし水井もお話させていただきます。

こちらもぜひ!



CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ココナッツの食品

酸化に強い炒め物・揚げ物にオススメの無臭ココナッツオイル
プレミアムココナッツオイル
エクスペラー製法の無添加・無精製有機エキストラバージン
エキストラバージンココナッツオイル
0℃まで固まらない中鎖脂肪酸93%の液体ココナッツオイル
リキッドココナッツオイル
スプレードライ製法の添加物不使用・無漂白ミルクパウダー
ココナッツミルクパウダー
有機認証ECOCERT取得・無漂白乾燥ココナッツ
デシケイテッドココナッツ
食物繊維がおからの3.5倍、お腹の中で3倍に
ココナッツファイバー
低GIでミネラル豊富なココナッツの花蜜糖
ココナッツシュガー
ココナッツオイルとこだわり原料で作った健康マヨネーズ
ココマヨネーズ

ココウェルの化粧品

全身や髪の保湿に
オーガニックバージンココナッツオイル
南国フルーツの香りのナチュラルリップクリーム
オーガニックココリップ
やさしい泡立ちのバージンココナッツオイル石鹸
ココソープ

facebook(YUMIZUI)

facebookページ (COCOWELL.JP)

twitter(@YUMIZUI)

SELECTED ENTRIE

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • ココウェルがカフェを創った3つの理由
    黒木
  • 彼らにこそ恩恵を
    めぐ
  • 彼らにこそ恩恵を
    めぐ
  • 彼らにこそ恩恵を
    嵩原 淳
  • ふしぎ発見のその後
    生田 勝
  • 食用ココナッツオイルのあれこれ その1
    水井
  • 食用ココナッツオイルのあれこれ その1
    のの
  • 本日より仕事に復帰しました
    下山和宏
  • デモ販売のお知らせ
    水井
  • 脳幹出血
    水井

RECENT TRACKBACK

LINKS

PROFILE

SEARCH THIS SITE.

OTHERS

MOBILE

qrcode